ELECTRICAL INSPECTION調査

ニセ調査員にご用心!

ご注意ください!電気の安全点検を装った詐欺事件が発生しています。

一人暮らしのお年寄り等を狙った「ニセ調査員による詐欺事件」が各所で発生しています。その内容は、「電気配線を改修しないと危険だ」などと脅して工事を行うよう勧め、工事をしたように見せかけたのちに、多額の代金を請求し、だまし取るという大変悪質なものです。

●漏電調査と偽って訪問し、工事代金を支払った

お客さま宅にて、男性2名が「中国電力の依頼で漏電調査に来た」と言い、パソコン等を用いて漏電調査のようなことをした。その後、男は「漏電しているので、ブレーカーの取替、屋内配線の改修が必要」と言い、保証金80万円を要求。お客さまは費用が高額なため、近所のキャッシュコーナーで現金を引き出して支払われたが、領収書等は受領できなかった。
訪問者は30歳前後の男性2名で、作業着ではなく普段着で作業をしていた。名刺を要求してもうやむやにされ、受け取りはできなかった。お客さまは80万円支払われたあとで不安に思い、当協会宛に電話連絡をされた。


●2人組で訪問し、1人が気をひいているうちにもう1人が窃盗

お客さま宅に、作業服を着た男2名が、中国電力の下請けと名乗り(身分証明等の提示なし)、漏電調査と称して訪れた。1人が2階でお客さまに説明している間に、もう1人は1階で物色していたものと思われる。男2人が帰った後、1万6000円がなくなっていたことが分かり、お客さまは警察へ被害届を出された。


●漏電調査と偽った不審者

お客さま宅に、50歳代の体の大きな2人組が訪れ、「調査にきた」と言った。お客さまが「漏電調査は今月初めに保安協会でやってもらった」と言うと、「その件で来た」と言って上がり込んだ。 2人のうち1人がお客さまに、「2階を案内してくれ」と言って2階に上がり、1人は1階に残った。この日は何事もなく帰っていったが、次の日になって13万円の現金がなくなっていることに気付いた。


●漏電調査費用請求書が突然送付される事件が発生

「中国電気保安協会」と間違いそうな「●●電気保安連盟」という名前で、漏電調査をしたように見せかけ、請求書を送付し、高額の代金をだまし取ろうとする事件が発生しています。
「中国電気保安協会」が実施する漏電調査では、代金を請求することは一切ありません。
もしも不審な請求書が送付されてきたときには、決して請求された金額を振り込まないでください。

請求されるはずのない漏電調査代金の請求書が送付されてきたら
請求書には「早く振り込まないと遅延損害金が発生する」、「入金されないと電気が止まる」などの文章を入れ、不安を煽る悪質な手口を使っています。

決して、請求代金を振り込まないでください!
中国電気保安協会は漏電調査業務でお客さまから代金を請求することは一切ありません。


不審と思われた場合は、お近くの当協会事業所へお問い合わせください。

TOP

TOP